A Z A C L I
COLUMN

【最新】美肌治療!メソナJを使った「エクソソーム×エレクトロポレーション」の施術効果をわかりやすく解説

記事監修医師プロフィール

AZACLI LABO研究所長 / 医師, 医学博士

金島秀人

  • 医学博士
  • 日本病理学会認定医
  • 日本再生医療学会現会員

1983年、名古屋大学医学系大学院(病理学、免疫学専攻)修了。1986年より米国スタンフォード大学医学部に留学。その研究成果をもとに1988年、指導教授らとバイオベンチャー企業「システミックス社」をシリコンバレーに創設。1999年からバイオテクノロジー分野のコンサルタントとして独立し、日米両国のベンチャー企業支援、大手事業会社のアドバイザーに従事。日本のバイオ・ヘルスケア事業の推進を目指してきた。2016年より、活動拠点を東京に移す。

はじめに

現代の美肌ケアにおいて、新しい技術が次々と登場しています。その中でも、エクソソームとエレクトロポレーションを組み合わせた施術が注目を集めています。特に、メソナJを使用した施術は、その効果の高さから多くの人々に支持されています。本記事では、エクソソームとエレクトロポレーションの相乗効果、メソナJによる施術の詳細、そして実際の効果について詳しく解説します。

エクソソームとエレクトロポレーションの相乗効果

エクソソームは、細胞間での情報伝達を促進する微小な粒子で、抗炎症作用や細胞再生を促進する効果があります。エクソソームは脂質二重膜に包まれており、特定の脂溶性媒体を使うと壊れてしまい、効能を失う可能性があります【11†source】【12†source】。

エレクトロポレーションは、電気的な刺激を利用して皮膚のバリア機能を一時的に緩めることで、有効成分を皮膚の深部まで浸透させる技術です。エクソソームとエレクトロポレーションを組み合わせることで、エクソソームの効果を最大限に引き出すことができます。エレクトロポレーションがエクソソームの浸透を助けることで、細胞再生や抗炎症効果がより一層高まります 。

メソナJによる施術の流れ

メソナJは、エクソソームとエレクトロポレーションを用いた美肌ケアを実現するためのデバイスです。このデバイスは、以下のような施術の流れで使用されます。

1.クレンジングと準備

施術前に肌をクレンジングし、メソナJの効果を最大化するための準備を行います。

2.エレクトロポレーションの施術

メソナJを使用してエレクトロポレーションを行い、皮膚のバリア機能を一時的に緩めます。

3.エクソソームの導入

エクソソームは脂質二重膜に包まれているため、脂溶性媒体を避ける必要があります。エレクトロポレーションに際しては、エクソソームの導入に最適化した専用の導入液を使用します。

4.アフターケア

施術後は肌を保湿し、エクソソームの効果を持続させるためのケアを行います。

実際の効果と成功事例

メソナJによる施術は、エクソソームとエレクトロポレーションの相乗効果により、多くのメリットが期待できます。以下に代表的な効果を詳しく説明します。

1.肌のハリとツヤの向上

エクソソームの抗炎症作用と細胞再生効果により、肌のハリとツヤが戻り、シワが目立たなくなることが期待されます。エクソソームが真皮層に浸透することで、コラーゲンやエラスチンの生成が促進され、肌の弾力が増します。

2.均一な肌トーン

エクソソームの作用で、肌のトーンが均一になり、シミやくすみが改善されます。エレクトロポレーションが有効成分の浸透を助けることで、色素沈着が減少し、明るく透明感のある肌が実現します。

3.リフトアップ効果

肌が引き締まり、フェイスラインがすっきりします。エクソソームが肌の深層に働きかけ、筋肉や結合組織を活性化することで、たるみを改善し、リフトアップ効果が期待されます 。

まとめ

エクソソームとエレクトロポレーションを組み合わせたメソナJの施術は、美肌ケアにおいて非常に効果的な方法です。エクソソームの抗炎症作用や細胞再生効果を、エレクトロポレーションが最大限に引き出します。これにより、肌のハリやツヤ、トーンの均一化、リフトアップなど、さまざまな効果が期待できます。

また、エクソソームの導入に際しては、脂質二重膜を保護するための専用導入液を使用することで、エクソソームの効果を損なうことなく施術を行います。安全性についても、日本再生医療学会のガイダンスに従い、適切な品質管理と施術を行うことでリスクを最小限に抑えることができます。

美肌ケアに興味のある方は、ぜひエクソソームとエレクトロポレーションを組み合わせた施術を検討してみてください。

監修: 金島秀人医師プロフィール AZACLI LAB研究所長 / 医師, 医学博士

学歴・資格: 医学博士、日本病理学会認定医、日本再生医療学会現会員

経歴: 1983年、名古屋大学医学系大学院修了。

1986年より米国スタンフォード大学医学部に留学。

1988年、シリコンバレーでバイオベンチャー企業「システミックス社」を創設。

1999年から日米両国のベンチャー企業支援、大手事業会社のアドバイザーを務める。

2016年より、東京を拠点に活動。

---

エクソソーム点滴 EXOSOME DRIP の素晴らしさを知る/LINEお友だち追加で資料を見る

pagetop