A Z A C L I
COLUMN

エクソソーム医療の費用相場はどれくらい?クリニックによって費用が違う理由も解説

記事監修医師プロフィール

AZACLI LABO研究所長 / 医師, 医学博士

金島秀人

  • 医学博士
  • 日本病理学会認定医
  • 日本再生医療学会現会員

1983年、名古屋大学医学系大学院(病理学、免疫学専攻)修了。1986年より米国スタンフォード大学医学部に留学。その研究成果をもとに1988年、指導教授らとバイオベンチャー企業「システミックス社」をシリコンバレーに創設。1999年からバイオテクノロジー分野のコンサルタントとして独立し、日米両国のベンチャー企業支援、大手事業会社のアドバイザーに従事。日本のバイオ・ヘルスケア事業の推進を目指してきた。2016年より、活動拠点を東京に移す。

近年、美容医療の世界ではエクソソームを用いた治療が注目を集めています。幅広い肌トラブルに対応できるエクソソームは、多くのクリニックで施術が行われています。しかし、エクソソーム医療の費用は不明瞭な点が多く、治療に踏み切れない方も少なくないのではないでしょうか。

この記事では、エクソソーム医療の費用相場を解説します。今回解説する内容を読めば、施術方法ごとの費用の相場や、費用がはっきりしない理由などの知識が身に付くでしょう。費用面が理由でエクソソーム医療の治療に踏み切れない方は、ぜひ参考にしてみてください。

エクソソーム医療の費用相場

まずは、エクソソーム医療の費用相場を見ていきましょう。点滴の場合の費用と、注射とダーマペンによる費用をそれぞれ解説します。費用の違いを把握し、自身に適した施術方法を検討してみてください。

エクソソーム×点滴の費用相場

AZACLIのエクソソーム治療の費用相場を解説します。エクソソームによる治療を点滴で受ける場合の相場は、3万円から20万円ほどです。費用相場に幅がありますが、使用する薬剤の違いやクリニックごとに料金設定が異なることが、その理由です。

また、初回のみお試し料金で施術するクリニックが多いことも、費用相場に幅がある理由として挙げられます。

点滴によるエクソソーム治療は、1〜2週間ごとに、まずは3か月程度継続することがおすすめです。エクソソームは肌トラブルの改善以外にも血管を若返らせたり、育毛や発毛を促進したりする効果が期待できます。身体の調子も整うため、継続的な施術を受けて全身の健康を図りましょう。

エクソソーム×注射・ダーマペンの費用相場

続いて、注射とダーマペンでエクソソーム医療の施術を受けた場合の、費用相場を解説します。

注射の場合、1回あたりの施術費用の相場は、3万円から10万円ほどです。お試しで安い価格設定がされていることもありますが、複数回施術する場合は数十万円ほどかかることがあります。

また、注射費用の他に、別途麻酔や専用の針の費用もがかかる場合もあります

※AZACLIでは表面麻酔や針・チップ代はかかりません

ダーマペンは、顔全体に施術する場合、1回あたり6万円から10万円ほどです。施術回数が多くなるごとに1回あたりの費用は安くなる傾向にあり、3回施術する場合は合計で17万~25万円ほどです。

エクソソーム医療は自由診療で費用を設定できる

エクソソーム医療は、他の美容医療と同様自由診療です。自由診療では、施術を行うクリニックが費用を設定できます。エクソソーム医療は高額のため、少しでも費用を抑えたいと考える方もいるのではないでしょうか。しかし、あくまで安全性や品質を重視して決めることが重要です。

費用の安いエクソソーム医療の注意点

エクソソーム医療は基本的に高額な治療です。しかし、効果の高い薬剤を使用する最新技術のため、ある程度高額であることは予め承知しておかなくてはいけません。しかし、エクソソーム医療を施術するクリニックの中には、安価な費用設定のクリニックもあります。

もし相場より安い費用を設定している場合、エクソソームの元となる幹細胞を採取するドナーが不明の可能性があります。海外の検体ラボから購入されたドナー不明の幹細胞を使う場合、費用が安くなります。しかし、ドナーが不明ということは、安全性が確保されていないこともあります。また、実際にエクソソームが入っているのか、その量はどれだけ入っているのかなど、エクソソームの質と量が不確かな場合もあります。

費用が安くても、安全性が担保されない場合もあるので、安全な施術を受けられるクリニックを選びましょう。

基本的にエクソソーム医療費用は保険適用外

エクソソーム医療でかかる費用は、基本的に保険適用外です。そのため、治療にかかる費用は全額自己負担です。しかし治療にかかる費用が全額自己負担となる施術は、エクソソーム医療だけではありません。

美容医療のほとんどの施術が、保険適用外です。そのため、エクソソーム以外にも幹細胞上清液や保険適応外の薬剤などを使用した治療でも、かかった費用は全額自分で負担しなければいけません。

保険適用外と聞くと、効果に疑問を持つ方もいるかもしれません。エクソソーム医療のような再生医療の分野は、今も研究が進められている分野です。そのため、効果を実証するデータなど十分でないこともあり、自由診療となっています。

高額な費用の全額が自己負担のため、少しでも安価なクリニックを探したくなる気持ちもわかります。しかし、安さよりもあくまで安全性と品質を重視しましょう。

エクソソーム医療費用は医療費控除の対象になることもある

エクソソーム医療は保険適用外ですが、医療費控除の対象になる場合があります。しかし、全てのエクソソーム医療が、医療費控除の対象になるわけではありません。

医療費控除の対象となるエクソソーム医療は、治療目的が病気や怪我などの疾患を治療する場合のみです。病気や怪我の治療が目的でエクソソーム医療を受ける場合、税金が控除される場合があります。

以下のような病気や怪我を治療する場合に医療費控除の対象になることがあります。

  • 脊髄損傷を伴った脳中枢神経障害
  • 脳梗塞などの脳血管障害
  • 変形性膝関節症

また、自己免疫疾患や感染症によって薄毛になりエクソソーム医療を受けると、医療費控除の対象となるケースもあります。

エクソソーム治療をするならAZACLIがおすすめ

エクソソーム治療をするならAZACLIがおすすめです。AZACLIでは、エクソソームの第一人者で、上場企業であるセルソース株式会社(東証プライム 4880)の技術供与を受けて開発されたM2Pエクソソームを使用しており、従来品よりも抗炎症作用が高いことが特徴です。

現在多くのクリニックがエクソソームを取り扱っていますが、エクソソームの品質はさまざまです。エクソソームを含んでいるがその他の不純物も混ざっている混合物を、アンチエイジングの効果があると謳い提供しているクリニックもあります。

そのような状況下で、「どこのクリニックでエクソソーム治療を受ければ良いかわからない」と悩んでいる方も多いのではないでしょうか。そんな方には、AZACLIのM2Pエクソソームがおすすめです。M2Pエクソソームの特徴は以下のとおりです。

  • 幹細胞のドナーは若い日本人
  • 活性度の高い幹細胞を厳選
  • 厳格な規定を設定
  • ロット単位でナンバリング管理
  • セルソース株式会社がバックアップ

従来のエクソソームの中には、老化や加齢性疾患の原因でもある、全身の組織で生じる慢性炎症を促進してしまうものもあるので、闇雲に使用するのは危険です。

老化した幹細胞から抽出したエクソソームを使って治療をすると、炎症性のM1マクロファージの活性を高めてしまうため、かえって老化(炎症)を促進してしまいます。

その点、AZACLIでは、若い日本人のドナーの活性度の高いエリート幹細胞を厳選しています。M2Pエクソソームは、その幹細胞から抽出されているため、抗炎症作用があるM2マクロファージ活性の高い純度99%のエクソソームで、高い効果を期待することができます。

高濃度・高純度でアンチエイジング効果が期待できるエクソソーム治療を受けてみたいという方はAZACLIのM2Pエクソソームをお試しください。

まとめ

エクソソーム医療は、複数回の施術を受けると数十万円の費用が必要になります。さらに、基本的に保険適用外のため、費用は全額自己負担しなければいけません。しかし、高額な支払いを避けるために、安さだけでクリニックを選ぶと安全性が確認できず、非常に危険な場合があります。

肌質の改善や体調を整えるためにエクソソーム医療は効果的ですが、高額で二の足を踏む方も少なくありません。しかし、お試しで少し安価に受けられることもあるため、そのようなサービスを利用して、エクソソーム医療の治療を検討してみてください。

エクソソーム点滴 EXOSOME DRIP の素晴らしさを知る/LINEお友だち追加で資料を見る

pagetop