A Z A C L I
COLUMN

エクソソームと幹細胞培養上清液の違いは?それぞれのメリットもあわせて解説

記事監修医師プロフィール

AZACLI LABO研究所長 / 医師, 医学博士

金島秀人

  • 医学博士
  • 日本病理学会認定医
  • 日本再生医療学会現会員

1983年、名古屋大学医学系大学院(病理学、免疫学専攻)修了。1986年より米国スタンフォード大学医学部に留学。その研究成果をもとに1988年、指導教授らとバイオベンチャー企業「システミックス社」をシリコンバレーに創設。1999年からバイオテクノロジー分野のコンサルタントとして独立し、日米両国のベンチャー企業支援、大手事業会社のアドバイザーに従事。日本のバイオ・ヘルスケア事業の推進を目指してきた。2016年より、活動拠点を東京に移す。

再生医療といわれるジャンルで、近年「エクソソーム」や「幹細胞培養上清液」という言葉をよく聞くことが増えたという方もいるのではないでしょうか。中には、エクソソームや幹細胞培養上清液を利用した治療を既に受けたことがあるという方もいるでしょう。

エクソソームは最先端の治療ですが、エクソソームと幹細胞培養上清液の違いや詳細についてわからなくて不安という方も少なくありません。この記事では、エクソソームと幹細胞培養上清液の違いや、それぞれの施術のメリットや効果などについて詳しく解説します。

施術には興味があるけれど、詳細がわからず不安に思っている方はぜひ参考にしてみてください。

エクソソームと幹細胞培養上清液の違いは?

同じ再生医療界隈で聞くエクソソームと幹細胞培養上清液には、どのような違いがあるのでしょうか。それぞれについて詳しく解説するので、その違いについてみていきましょう。

エクソソームとは?

エクソソームとは、細胞から放出される細胞外小胞の一種で、直径が100ナノメートル程度の顆粒状の物質のことです。数十種類の情報伝達物質を含んでいて、体内を循環し、細胞間の情報伝達に役立っているといわれています。

慢性炎症を持続させるM1型マクロファージを慢性炎症を抑制させるM2型マクロファージに変換することで慢性炎症に伴う様々な疾患への応用が期待されています。

体液を介して全身を循環することから病気の診断にも利用されており、治療法開発にも注目が集まっています。

幹細胞培養上清液とは?

幹細胞培養上清液とは、ヒトの幹細胞を培養する過程で製造される培養液の上澄みから幹細胞を取り除いて滅菌処理されたものです。幹細胞培養上清液の中には、サイトカインやエクソソーム、何百種類もの成長因子などが含まれています。

エクソソームと幹細胞培養上清液の違いは?

エクソソームとは、細胞から放出される物質のことです。エクソソームとは、細胞から放出される物質のことで、幹細胞を培養する際に生成される幹細胞培養上清液とは異なります。ただし、幹細胞培養上清液は幹細胞を培養する過程で生成されるため、細胞から放出されるエクソソームも含まれていることもあります。

エクソソームは幹細胞を培地で培養した後、その上清液から不要な物質を取り除きエクソソームを回収して、機械にかけ濃縮した溶液です。

細胞から放出される物質の1種であるエクソソームに対し、幹細胞培養上清液は幹細胞を培養する際に放出されるさまざまな物質の混合物なのです。

幹細胞培養上清液にエクソソームが含まれている?

幹細胞培養上清液にはエクソソームも含まれています。

先述のとおり、幹細胞培養上清液は、幹細胞を培養した際に放出されるさまざまな成分を含んだ混合液のため、エクソソームも含まれています。(ただし、エクソソームの含有量や、品質については明確にされていることは少ないででしょう。)

幹細胞とは?

そもそも幹細胞とはどのようなものなのでしょうか。

人間の体は、何十兆個という細胞から成り立っていて、その1つ1つの細胞に寿命があります。皮膚の細胞は皮膚に、腸の細胞は腸に、といったように同じ性質を持つ細胞が寿命を迎える際には、絶えず新たな細胞と入れ替わっています。

一方、幹細胞は違う性質の細胞にも分化することができ、失った細胞も補充可能です。このような性質を活かして細胞の代わりを作り出すことで、傷ついた箇所を再生する効果が期待できます。

幹細胞培養上清液に含まれているエクソソーム以外の成分

幹細胞培養上清液には、エクソソームの他にもさまざまな成分が数多く含まれており、中でも成長因子には高い健康効果が期待されています。幹細胞から放出される成長因子にはいくつも種類があり、それぞれが異なる効果を持っています。

ここからは、その成長因子について詳しく解説していきます。

EGF

EGFは、別名上皮細胞成長因子と呼ばれています。

主な効果は、肌のターンオーバーの促進です。ターンオーバーを促すことで新たな皮膚細胞が生成され、シワの改善・予防効果を期待できます。また、肌の角質の新陳代謝によって傷の回復もサポートします。

加齢によって乱れるターンオーバーのリズムを整えることで、健康的な肌を取り戻したり、傷を再生したりする効果を期待できる成長因子です。

FGF

FGFは、線維芽細胞成長因子と呼ばれる成長因子です。

真皮幹細胞に働きかけることで線維芽細胞を増殖させ、コラーゲンやヒアルロン酸の生成が促進されます。コラーゲンやヒアルロン酸は、肌のハリやつやを保つといわれる成分です。

TGF

TGFは、トランスフォーミング増殖因子と呼ばれ、コラーゲンやエラスチンなどの組織に働きかけます。

コラーゲンやエラスチンは、肌の弾力には欠かせない成分です。TGFがこれらの成分に関与することによって、肌のシミやしわ、たるみなどの悩みを解消します。

VEGF

VEGFは、血管内皮細胞成⾧因子と呼ばれる成長因子です。

VEGFは名称からもわかるように、主に血管に働きかけます。血管内皮細胞に作用することで血管が強くなり、細胞分裂や分化などの結果新しい血管の形成も促します。

このような効果によって血流が改善し、生活習慣病の改善や予防に役立つのです。

PDGF

PDGFは、血小板由来増殖因子と呼ばれる成長因子です。

あらゆる細胞に関与して、細胞分裂を促進する効果を持っています。細胞の増殖によって、損傷した組織の修復にも期待できます。

IGF

IGFは、その構造がインスリンに似ていることからインスリン様成長因子と呼ばれます。細胞の増殖や分化を促す作用を持ち、生物の成長や代謝の調節などに役立っています。

エクソソームの施術のメリット・デメリット

ここまで、エクソソームと幹細胞培養上清液の違いについて解説してきました。エクソソームの施術にはどのようなメリットやデメリットがあるのでしょうか。ここからは、エクソソームの施術のメリットとデメリットについて解説していきます。

エクソソームの施術のメリット

エクソソームには、抗炎症効果や細胞の修復作用があります。この働きによって、慢性炎症に伴う生活習慣病などの予防、損傷や弱っている細胞の修復、疲労回復など、さまざまな全身のトラブルに効果が期待できます。また、肌細胞の再生や肌の炎症を抑えることによりターンオーバーを正常化させることで肌トラブル改善への効果も期待できます。

また、エクソソームには線維芽細胞を活性化する働きもあり、コラーゲンやエラスチンなどの成分の生成が促進されます。これにより、アンチエイジング効果が期待できるでしょう。

エクソソームの施術のデメリット

エクソソーム単体での施術は、高い効果が得られるメリットがある一方、効果が強く出過ぎてしまう可能性や高額な費用がかかる点には注意が必要です。また、効果が出るまでに時間がかかることもデメリットだといえるでしょう。

幹細胞培養上清液の施術のメリット・デメリット

上記ではエクソソームのメリットとデメリットについて解説してきましたが、幹細胞培養上清液の施術にはどのようなメリットとデメリットがあるのでしょうか。ここからは、幹細胞培養上清液の施術のメリットとデメリットについて解説していきます。

幹細胞培養上清液の施術のメリット

先述のとおり、幹細胞培養上清液は、幹細胞を培養した際に放出されるさまざまな成分を含んだ混合物のことです。その成分は、エクソソームだけでなく細胞の増殖や分化を促すサイトカインや成長因子など、幅広いです。

これらの成分がそれぞれの働きをすることで、美肌や老化防止などに高い効果が期待できるでしょう。

幹細胞培養上清液の施術には多岐にわたる効果が期待できることや、エクソソーム単体の施術と比較すると費用も抑えられるなどのメリットがあります。

幹細胞培養上清液の施術のデメリット

幹細胞培養上清液には、不純物が含まれています。例えば、培地成分や抗生物質、老化した細胞から出る老化を引き起こすエクソソーム、細胞が出す体内に不要な成分などです。このように、不純物が混ざっている分、エクソソームより効果を感じづらいかもしれません。

また、幹細胞培養上清液でアレルギー症状を引き起こす可能性があることもデメリットだといえるでしょう。

エクソソーム治療をするならAZACLIがおすすめ

エクソソーム治療をするならAZACLIがおすすめです。AZACLIでは、エクソソームの第一人者で、上場企業であるセルソース株式会社(東証プライム 4880)の技術供与を受けて開発されたM2Pエクソソームを使用しており、従来品よりも抗炎症作用が高いことが特徴です。

現在多くのクリニックがエクソソームを取り扱っていますが、エクソソームの品質はさまざまです。エクソソームを含んでいるがその他の不純物も混ざっている混合物を、アンチエイジングの効果があると謳い提供しているクリニックもあります。

そのような状況下で、「どこのクリニックでエクソソーム治療を受ければ良いかわからない」と悩んでいる方も多いのではないでしょうか。そんな方には、AZACLIのM2Pエクソソームがおすすめです。M2Pエクソソームの特徴は以下のとおりです。

  • 幹細胞のドナーは若い日本人
  • 活性度の高い幹細胞を厳選
  • 厳格な規定を設定
  • ロット単位でナンバリング管理
  • セルソース株式会社がバックアップ

従来のエクソソームの中には、老化や加齢性疾患の原因でもある、全身の組織で生じる慢性炎症を促進してしまうものもあるため、闇雲に使用するのは危険です。

老化した幹細胞から抽出したエクソソームを使って治療をすると、炎症性のM1マクロファージの活性を高めてしまうため、かえって老化(炎症)を促進してしまいます。

その点、AZACLIでは、若い日本人のドナーの活性度の高いエリート幹細胞を厳選しています。M2Pエクソソームは、その幹細胞から抽出されているため、抗炎症作用があるM2マクロファージ活性の高い純度99%のエクソソームで、高い効果を期待することができます。

高濃度・高純度でアンチエイジング効果が期待できるエクソソーム治療を受けてみたいという方はAZACLIのM2Pエクソソームをお試しください。

まとめ

エクソソームや幹細胞培養上清液による施術は、最先端の再生医療として注目されており、取り扱うクリニックも年々増えてきています。一方、新しい施術だからこそ詳しい知識がなく施術を受けることを躊躇する方が多いことも確かです。

この記事では、エクソソームと幹細胞培養上清液の違いやそれぞれの施術のメリットや期待できる効果についても紹介しました。さまざまな健康効果に対して興味を持ち、施術の検討をしている方はぜひ参考にしてください。

エクソソーム点滴 EXOSOME DRIP の素晴らしさを知る/LINEお友だち追加で資料を見る

pagetop